特許中間処理を支援するサービス提供のお知らせ

弊所では、特許出願をなされた方であって、特許庁からの拒絶理由通知への対応(中間処理)に苦慮している方を主な対象に、固定料金にて当該拒絶理由通知の内容を検討して対応コメントをお送りするサービスの提供を行っております。

本サービスにおける対応コメントの具体的な内容例は、新規性・進歩性欠如(特許法第29条第1項第3号・第2項)の場合、

(1)審査官の主張が妥当であるかどうかの判断
(2)妥当でない場合は意見書案の提示
(3)妥当である場合は特許請求の範囲の補正案(必ずしも補正後の請求項そのものではありません)及び意見書案の提示

であり、拒絶理由の解消に必要な一連の解法を提供いたします。

一方、検討の結果、拒絶理由が妥当であって、かつ、その出願内にて(分割出願等を行うことなく)解消できないと判断された場合は、その旨を理由とともにお送りいたします。

料金は、拒絶理由の内容(適用条文、引用文献数等)に関わらず一出願あたり¥30,000-(諸税等含まず、以下同様)となります。

なお、対応コメントの提供はpdfファイル等の電子ファイルにより行い、印刷物による提供は行いません。

本サービスに基づき作成された手続補正書・意見書により拒絶理由が速やかに解消され、皆様の出願の特許化の一助となることができれば幸いに存じます。

なお、本サービスの提供を踏まえた正式な中途受任も弊所規定料金(意見書¥60,000-、手続補正書¥40,000-、代理人受任に関する手数料は無料)にて承ります。

中間処理の低コスト化、更にはセカンドオピニオンとしての本サービスのご利用をお待ち申し上げます。

※本サービスは中間処理に必要な書類の方式的な作成手順を指南するものではございません。

※本サービスの対象となる対象となる拒絶理由は「拒絶査定」及び「拒絶査定不服審判」係属中における「拒絶理由通知」を含みません。

※技術分野によってはコンフリクトの発生その他の理由から本サービスを提供できない場合があります。

コメントを残す

最近のコメント

    アーカイブ